稽古内容

■【一般部】

稽古は、「基本動作」「基本技・応用技」「組手」などがあり、会員の意思を尊重した稽古を基本にしております。組手はしたくない会員はすることはありません。基本技・応用技は、「型」稽古です。

「型」稽古は、正しい技の形を身につけるものですから、技をかける人が受けをとる人に必要以上のダメージを与えたり、受けをとる人が必要以上に技にかからないように抵抗することを禁止しています。なお、受けをとる場合、自分のダメージが大きいときは相手に伝え、ダメージのないようにしてもらってください。


■【少年・少女部】

合気道の基本となる、基本動作、型稽古、を中心に稽古をしています。そして、子どもの能力と身体に合わせた子どもでも使える技を選んだ簡単な組手や打撃技も指導します。また、技の種類を限定した組手試合なども行います。

合気道S.A.では、学校や塾の現場では学べない、人間教育としての合気道を、指導してまいります。テーマを与える稽古で、目的意識を持って行動する価値観を高めていきます。


■【武器術(剣術・杖術・短刀術)】(不定期開催)

剣術・杖術・短刀術は、櫻井代表師範が、尾張柳生新陰流剣術、合気剣、合気杖、合気短刀術をそれぞれ数十年修行してきた成果を、より実践的で有効な体系として組み上げた内容となっています。

武器を使える人を相手にした訓練でなければ、武器術を学ぶ意味がありません。武器を知り、武器を使えるようになることで、武器を使った攻撃を更に有効にさばくことができるのです。稽古では、まず自分から武器を扱えるようになり、その防衛術を学んで行くことになります。


■【合気運用道】(不定期開催)

合気運用道とは、合気道から生まれた身体運用法で体幹を整え、鍛え、健康促進・身体バランスの向上・ストレス解消・護身術にもなる新感覚の運動です。

単独稽古を中心に行うので婦女子から高齢者、まったく運動経験のない方まで安心して稽古できます。また、武道やスポーツ経験者も体幹強化に役立ちます。


■【審査について】

昇級・昇段審査は、3月・6月・9月・12月に実施しています(少年・少女部は6月・12月)。審査受験希望者は、審査申し込み用紙に記入のうえ審査料+免許料を添えて提出して下さい。審査を受けるには指導員の許可が必要となります。